大阪府立環境農林水産総合研究所

重要なお知らせ
入札情報の掲載誤りを修正しました
2023年1月21日(土曜日)から環農水研ホームページのURLが変わりました

図鑑

平地のため池

平地のため池

カワチブナ養殖の行われている岸和田市久米田池

カワチブナ養殖の行われている岸和田市久米田池

コンクリートなどで護岸されている池では、生きものはあまり多くありませんが、シオカラトンボやショウジョウトンボなどの昆虫が生息します。一部の池では琵琶湖淀川水系固有種のゲンゴロウブナを品種改良したカワチブナの養殖が行われていますが、オオクチバス(ブラックバス)やブルーギルなど外来種の魚が増えて問題となっています。冬の間は渡ってきたカモの仲間など水鳥がよく利用します。

ゲンゴロウブナの改良品種カワチブナ特定外来生物オオクチバス

(左)ゲンゴロウブナの改良品種カワチブナ  (右)特定外来生物オオクチバス(ブラックバス)

シオカラトンボショウジョウトンボ

(左)シオカラトンボ  (右)ショウジョウトンボ

このウェブサイトに使用されているすべての画像・図表の無断転載を禁じます。